こじゃんと食べて!高知野菜 Vol.2高知県×築地市場 presents農家に学ぶ高知の家庭料理

大皿に盛った様子が美しくまさに高知!土佐!米なすのたたき

米なすを湯がいて、アジのほぐし身、高知産みょうがや青じそをちりばめた一皿。柚子ポン酢をかけていただきます。肉厚な米なすとアジの旨みがベストマッチで、柚子の香りと薬味が美味しさを引き立てます。ワンポイント!
しっかり沸騰したお湯に皮から米なすを入れて、かき回さず湯がきましょう。温度を下げずに茹であげると色が鮮やかになります。(かき回すとお湯の温度がさがります。)アジのほぐし身は、サバやツナなどでも代用OKです。

見た目にも美しく胡麻たっぷりで◎なすの二色焼き

なすを縦半分に切って、切り口に切り込みをいれ、パン粉・ゴマをつけて焼き上げた香ばしい料理。ゴマ部分にはみそだれ、パン粉焼きはソースでいただきます。ワンポイント!パン粉焼きにはカレー粉を入れても美味しいです。

にらの色や香りのコントラストで美味しい一品蒸しなすにらソースがけ

なすの皮をむいて水にさらし、蒸し焼きに。さらににらを加えて少して火をとおし仕上げた一皿。蒸した際にでてきた旨みのあるだし汁に、青ねぎのみじん切り醤油などをくわえて特製ダレをつくります。ワンポイント!残った皮は次の料理に活かしますので、水にさらしておいてください。

皮のエコ利用と特産のじゃこを使用したオススメ料理なす皮の佃煮

なす皮を5cmほどの長さにきり、高知特産のちりめんじゃこと炒めます。仕上げに、醤油とみりんを加えて炒め煮に。ちりめんじゃこの旨みとなす皮が甘じょっぱく、ご飯のおともにも、おつまみにもばっちりです!ワンポイント!今回は佃煮ですが、なんと農家さんは、なす皮をジャムにもするそうです!

そして、スペシャル料理!色とりどりの田舎ずし先生方がサプライズで用意してくださったのが高知県ならではの「田舎ずし」。なす、みょうが、しいたけなどの野菜をネタにして、ごはんにも柚子酢を使った、高知の絶品郷土料理です!色とりどりの農家さんオススメの美味しい料理が完成しました。主役のなすに加えて、薬味となったみょうが、こねぎ、にらなど高知産の逸品がキラリと光ります。さっそく気になるお味は・・・。

大人から「美味し~い!」と大絶賛!

なすを使った料理と言えば焼いたり揚げたりが一般的。「こんな食べた方があったんだ!」「新発見!簡単で美味しい!」各テーブルから驚きの声があがります。参加者の方からはこんな嬉しい声も♪「さっそくお家で作ってみます!」「うまいもの好きなら楽しめる最高の機会でした!次回も楽しみにしています!!」

尾木さん、島田さん、手島さんよりメッセージ

私たちは「安芸市施設園芸品消費拡大委員会」のメンバーです。子どもたちと収穫体験したり、出前授業・料理教室などおこなっています。これからも安全・安心な野菜を作りますのでよろしくお願いします。今、農家も進化していて、最新のハウスでは炭酸ガスを利用してなすの樹を活性化したりしています。環境測定装置で、整えたりとビックリポンなことばかりです。皆さんも高知に来ることがあったら、どうぞなす見学ツアーをしてみてはどうでしょう。みんな驚くと思うぜよ!

高知のうまいもん 発信プロジェクト

主催

東京シティ青果

協力

高知県

高知県園芸連

協賛

食文化